□■ top > SFC DATA > □■

バトルロボット烈伝

シミュレーション   1995年9月1日発売    バンプレスト
・「ザブングル」や「エルガイム」など、数多くのロボットアニメキャラが登場するゲーム。高さの概念を導入したクォータービューのマップが特徴。連続するシナリオをクリアしながら、物語を進めていく。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

バトルロボット烈伝 情報

  • 初期出荷時のソフトで、レベル0のユニットを1体用意し、そのユニットを隊長機にして、新しいユニットが仲間になるシナリオをプレイする。新ユニットが仲間になると、ユニットレベルが0になる。仲間になったときの初期能力は変わらないので、低レベルで仲間にするほど、少ない費用で改造するチャンスが増え、より強力なユニットを作れるようになる。(バグ技につき、ロムによっては使用できない場合もある)
レビュー
スティラーさんのレビュー 投稿ありがとうございます

 第四次スーパーロボット大戦の後に作られた、新しい路線を模索しているときに作られたであろうゲーム。
 同じシュミレーションでもスパロボ系とは違い、少々クセがあるシステムになっている為、人によって好みがかなり分かれると思う。
 ロボットはリアル頭身になり、↑で書いたようにシステム面も一新。更には話の舞台もオリジナルと、意気込みは十二分に伝わるのだが、どうも第四次と比べると、今二つくらい足りない出来になっている。

 シナリオ的には、オリジナルの舞台でスーパーロボットは異世界から来た…と言う感じの設定なのだが、ヒーロー戦記のように『元ネタを知っていると( ̄ー ̄)ニヤリ』な場面も少なくない。

 シュミレーションゲームとして期待して買うと後悔するのは必至なので、キャラゲー、ロボットゲーと思って買うと、幾分心が救われる…と、結構辛口な意見なのだが、十分クリア出来るし、プレイして楽しめた内容なので、興味があるのならオススメしたい一本。

TOPにもどる