□■ top > SFC DATA > □■

ガデュリン

RPG   1991年5月28日発売   セタ

・パソコン版『ディガンの魔石』を題材にしたRPG。惑星ガデュリンに不時着したリュウが地球に帰る方法を求めて冒険に出発する。敵と相談するといったコマンドもあり、敵モンスターが仲間になり、共に戦ってくれる。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

ガデュリン 情報

  • 1個しかない道具は、戦闘中に使い回すことが出来る。
  • 「こがたな」を2つ持つ。キャラの一人に小刀の一つを装備させる。装備させた小刀を次々に別のキャラに装備させると、強さの値が上がる。同様に「かわのたて」を使うと守りがあがる。
  • 宝箱を空けたら、セーブしてリセットする。そのデータで再開すると、宝箱の中身が復活している。(イベントアイテム以外)
レビュー
忍者さんのレビュー 投稿ありがとうございます

すっかり世界に引き込まれてしまいました。
新生、RPG。「ガデュリン」です。

地球から宇宙を調査する為に出発した主人公リュウの宇宙船が、宇宙の星々から集められた種族・怪物達が住む、自航惑星「ガデュリン」に墜落する所から物語がはじまります。

ガデュリンは、ガヴァナーという宇宙種族によって作られ、ガヴァナーが戦っている化け物・ズールを倒す事が地球へ帰る事につながると知ったリュウは、仲間と旅に出ることに…

なかなか良く出来た設定だと思います。

さて、昔のゲームなわけですが、戦闘が他と少し違います。
敵一体倒すごとに経験値が入るので戦闘中にレベルが上がったり、「逃げる」のパターンが三種類あったり、敵を食べ物や宝石を渡して仲間に引き入れたりできます。
他、「防御」は他のキャラをかばう事ができ、「遊撃」で待ち構えて随時攻撃したりと、色々な戦い方ができて楽しいです(が、そのため時間がかかったりします)。

ただ、たまに出る4回攻撃の「激烈ヒット」と、通常の12倍の威力の「極めの一撃」は、どうかと思います。
説明書によると「これが出たらガッツポーズをして下さい」との事です(笑)。

もちろん逆に4回攻撃される「痛烈ヒット」、そして12倍の威力を受ける「涙の一撃」も存在し、後者を食らうとほぼ確実に「死亡」します。序盤でも結構起こり、いちいち「死者の復活」をしてもらいに行くのが面倒です(金もかかるし)…

グラフィックはなかなか。特にモンスターは丁寧で、ボスキャラは少し動きのある者もいます。
戦闘の背景が真っ暗なため、暗めに見えてしまうのが残念です。
それとフィールドや村での背景(流れてるはずの水とか)に、全く動きが無いのも惜しいですが仕方ないでしょう。

音楽も、曲数は多くないため使い回しが結構見られますが、本当にいい曲が多いと思います。タイトル、最終ダンジョンの曲が特に好きで、全体的に曲がかなり短めに設定されてるのが残念です。

やはり古いゲームのため、アイテムが一つずつしか買えないとか、歩くのが遅くダンジョンが広いとか、同じダンジョンをイベントで何度か潜らなくてはならないといった「面倒臭さ」が目立ちますが、イベント数がそれほど無く、短時間でクリア出来ると思います。

結構お勧めのゲームなので、是非プレイしていただきたいです。

ダンジョンに潜る時は「魔除け水」を忘れずに。

それでは!

TOPにもどる